img
title

ブランド品が選ばれる心理とは

ブランド品を好む人の気持ちを、心理学の観点から説明している情報や調査はたくさんあります。
ブランドだけではなく、一般的にファッションアイテムの選び方は、その人の内面や周囲にどう見られたいかなどを表現していると言われ、対人関係を円滑にするために、他人を判断するための一つの基準として参考にしている方も多いです。
ブランド品は、深い歴史とオリジナリティに裏付けられた価値を備えており、世界中で時代を超えて支持されています。それらのアイテムを身に着けることに、自分の価値を高めたいという心理があると唱える専門家もいます。心理学の専門的な言葉で同一化と表現しますが、同一化によって心の内にある不安感を一時的に解消するために、ブランド品が選ばれると言われています。
ブランドを選ぶ心理は人によって様々ですが、老若男女問わず多様な需要があるため、中古品や並行輸入品などの需要も高く、豊富な商品の提供が可能になっています。