img
title

ブランド品の保証書がないとどうなる?

ブランド品を購入したけど、気に入らなかったり、一定期間使って満足した場合、処分したいと思うことありますよね。そんなときに保証書を捨ててしまってる人がいますが、それだけでそのブランド品の価値は著しく落ちてしまいます。保証書というのは字のごとく、その商品を保証するものであり、本物であるということの証明になります。
実際に本物家どうかを見極められるような人であれば問題ないですが、大抵の人は保証書がないと偽物だと思い買ってくれません。もしくは通常よりはるかに低価格になってしまいます。
なのでブランド品を購入した時は、証明書付きの箱をそのままとっておきましょう。自分が使ってる分には問題ありませんが、売却するときなどには必ず必要になります。
ちなみにですが、ブランド品によっては保証書がないという理由で売却が断られる場合などがあります。さらに、修理なんかをするときも同様です。売らないまでも修理をする機会は来るかもしれないので大切に保管しておきましょう。