img
title

購入者としても事業者としても知識を深めて

ブランド品を海外で購入し、日本へ持ち込む際には関税を支払う必要があります。個人輸入の場合も同様ですが、課税対象額が1万円に満たない場合には免除されます。海外のサイトから購入した品物については関税がかかります。もし支払わなければ、荷物を受け取ることができなので注意します。
並行輸入品を購入する際は、日本のショップから購入する場合は、購入者が支払う関税の心配はありません。並行輸入が一般的になったことから、日本国内での海外ブランド品の流通量は、大幅に拡大しました。将来的にはブランド品を中心に、さらに需要も増加すると予想されているので、並行輸入品の仕組みについても、消費者として理解を深めておくと、さらに有意義な買い物が楽しめます。
関税に関わる法律の改正などのニュースにも注意を払い、常に最新情報を得ておくことが大切です。ブランド品の販売や輸入代行などのビジネスへの参入を検討している場合は、知識を得ておく必要があります。